【終了】健康経営実践研究会「テーマ:繋がること、話すこと」(2024年2月15日) | セミナー情報|Pitinセミナー人事部勉強会を定期開催フジEAPセンター

講座情報

セミナー情報

【終了】健康経営実践研究会「テーマ:繋がること、話すこと」(2024年2月15日)

~「2on1ミーティング」でメンタルヘルス対策を見直す~ 今年度は、メンタルヘルス対策を今一度足元から見直すべく、オープン・ダイアローグの視点から「繋がること。話すこと」をテーマに取りあげました。
Point

日々、EAPコンサルティング業務を行っている中で「困っているけど上司や同僚を頼りにくい」、「相談すること自体が負担」といったお話を耳にします。それぞれ背景や事情は異なるにせよ「繋がろうとすること、話そうとすること」に高い心理的コスト(見えない壁)が発生している様に感じます。そこで、「1on1ミーティング」が普及しコミュニケーションの量が増えつつある今、その壁を打ち破るべく、上司・人事・産業保健職等が立場を超えて協働し、多声的に繋がり続けることの価値を見つめていきたいと考えました。メンタルヘルス対策の一つの在り方を参加者の皆様と共有できたらと考えております。(ワークショップでは、ブレイクアウトを使用します)

※ フィンランド発祥の新たなケアの手法。「開かれた対話」と訳され、本人のみならず家族や治療関係者が集まり、“問題解決についての対話を重ねる方法のこと。

開催日

2024年2月15日(木)

開催時間

14:00~15:30 (13:45~アクセス可能)

会場

*当研究会はZoomを活用し、オンラインでご参加いただく形式です。

*1社2名まで参加可能、セキュリティの観点からinfoや共用アドレスではなく、個人アドレスを使用して下さい。

講師

米沢 宏先生

株式会社ジャパンイーエーピーシステムズ 取締役/顧問医

 

筑波大学医学専門学群、同大学院修了(環境生態系)。医学博士。

精神科専門医・指導医、認定産業医、臨床心理士。

思春期精神科の北の丸クリニック院長を経て1994年からアルコール臨床に移り、同時にジャパンEAPシステムズに関わり産業医としても活動。2000年〜2016年、こころと身体の総合診療・慈友クリニック院長。2009年、うつ病リワークを開始、職場復帰率97.3%の実績を上げる。2017年より現職。長年の母子保健への貢献により2021年に厚生労働大臣表彰を受賞。産業精神保健学会編集委員。交流分析学会・産業ストレス学会評議員。元立教大学・上智学院講師。著書は「マジ会社に行きたくないんですけど…(そらふブックス)」など多数。産業ダイアローグ研究所noteで情報発信中。

対象者

・健康経営優良法人、ホワイト500、ブライト500取得企業のご担当者様

・ホワイト500、ブライト500取得を目指している企業のご担当者様

・健康経営に興味、関心のある企業・団体のご担当者様

定員

40名(先着順)

弊社の取引先及び関係者にご案内させて頂いております。

 

受講料

無料

セミナー申込みフォームに必要事項をご入力の上、お申込みください。