withコロナ時代の健康経営 スマホ・ネット依存対策「デジタル時代の自己管理術」 | コラム|変化はコントロールできない。できるのはその先頭に立つことだ(ドラッカー)

コラム

2021.04.06 コラム

withコロナ時代の健康経営 スマホ・ネット依存対策「デジタル時代の自己管理術」

コロナ禍の影響により、スマホ・インターネットを閲覧する時間が伸びています。また、マイナス情報に過度に振り回されたり、深夜まで睡眠時間を削ってゲームに興じる社員等が増加傾向にあり、心身の健康悪化及び仕事の生産性低下が懸念されています。

 

これまで「インターネット依存」「スマホ依存」「ゲーム依存」の領域において、主に中学生・高校生を対象とした予防教育はありましたが、社会人を対象としたコンテンツは皆無に等しい状況でした。また、「依存」とまでは言えないものの、生活や仕事への影響を自覚して、何とかしなければという声が高まっておりました。

 

このような社会情勢の変化に対応し、私どもフジEAPセンターでは「スマホとの上手な付合い方セミナー/デジタル時代の自己管理術」を開発し、2021年4月より提供を開始しました。健康経営の一環として、ヘルスリテラシー教育に取り組む企業様においては、「睡眠改善」「アルコール節酒」「女性の健康」「ストレス対処」等のテーマとセットにしてセミナーを開催することも可能です。ご興味のあるご担当者様はお問合せ下さい。

 

<問合せ先>

株式会社フジEAPセンター EAP事業部 電話:054-251-6500(代表)